親鸞聖人のご生涯

東本願寺

春の法要
東本願寺について 開門・閉門時間 アクセス情報はコチラ 境内のご案内はコチラ
人生の新たなスタートを帰敬式から
真宗大谷派 寺院・教会専用サイト
真宗教化センター しんらん交流館
東本願寺出版
東本願寺出版

写真日記

更新

他の写真日記はコチラ

鸞恩くん 蓮ちゃん あかほんくん
東本願寺公式twitter

親鸞聖人のご生涯

浄土真宗の宗祖親鸞聖人は、戦乱や災害が相次いだ平安時代末期から鎌倉時代にかけて、90年のご生涯を送られました。
そのご生涯をたずねてみましょう。

誕生と出家(9歳)

1173(承安じょうあん3)年、親鸞聖人は、京都にお生まれになりました。父である日野ひの有範ありのりは朝廷に仕える役人でしたが、母についてはさだかではありません。
9歳の時、親鸞聖人は、後の天台座主てんだいざす慈円じえんのもとで出家されます。それから20年もの間、比叡山延暦寺ひえいざんえんりゃくじできびしい修行と学問にはげまれました。しかし、どれだけ修行と学問にはげんでも、さとりを開く道を見出すことはできませんでした。

出家(『本願寺聖人伝絵』康永本)

法然上人とのであい(29歳)

親鸞聖人は、29歳の時、比叡山の仏教と決別し、道を求めて聖徳太子しょうとくたいしゆかりの六角堂ろっかくどうこもられました。そして、95日目のあかつき、聖徳太子の夢告むこくにみちびかれて、法然上人のもとをたずねられます。法然上人は、だれに対しても平等に「ただ念仏もうしなさい」とお説きになっていました。親鸞聖人は、この教えこそ、すべての人に開かれている仏道であるとうなずかれ、法然上人を生涯の師と仰ぎ、念仏者として歩み出されました。
法然上人のもとで、親鸞聖人は約6年間過ごされました。その間に、法然上人から主著『選択本願念仏集せんじゃくほんがんねんぶつしゅう』の書写と真影しんねい(法然上人の肖像画)の製作を許されました。また、恵信尼公えしんにこうと出会い、結婚されたのもこの頃とされています。

『選択集』の付属

越後・関東での生活(35歳から60歳ごろ)

法然上人の念仏の教えには、親鸞聖人だけでなく、老若男女、身分を問わず、たくさんの人々が帰依きえされました。しかし、興福寺こうふくじや延暦寺などの他宗から強い反発を受け、ついに朝廷が弾圧だんあつに踏み切ります。その結果、4人が死罪しざい、8人が流罪るざいというきびしい処罰しょばつが下され、法然上人は土佐(現在の高知県)へ、親鸞聖人は越後(同 新潟県)へ流罪となりました。親鸞聖人35歳の時でした。
5年後、流罪が許された親鸞聖人は、法然上人の死を知ると、京都には戻らず関東へ向かわれました。そこで約20年間滞在し、常陸ひたち(同 茨城県)の稲田を中心に、念仏の教えを広く伝えていかれました。
また、この地において、主著『顕浄土真実教行証文類けんじょうどしんじつきょうぎょうしょうもんるい』(『教行信証きょうぎょうしんしょう』)を書き始められたとされています。

『顕浄土真実教行証文類』(坂東本)

京都での生活(60歳ごろから90歳)

親鸞聖人は、60歳ごろ関東から京都に戻られたといわれています。
その後、関東では念仏の受けとめをめぐって、様々な混乱や対立がおこりました。そのなかで、誤った教えを広めた長男の慈信房善鸞じしんぼうぜんらんと親子の縁を切るという悲しい出来事もありましたが、親鸞聖人は、『教行信証』を書きすすめるとともに、終生同朋どうぼう同行どうぎょうに手紙や書物を送り、念仏の教えを伝え続けられました。
1262(弘長こうちょう2)年11月28日、親鸞聖人は90年の生涯を終えられました。末娘の覚信尼公かくしんにこうら家族や門弟もんていたちが、死を看取みとり、葬儀を行ったといいます。遺骨は、大谷(現在の京都市東山区)に埋葬され、小さなお墓が立てられました。このお墓が廟堂びょうどうとなり、やがて本願寺ほんがんじ真宗本廟しんしゅうほんびょう)の御影堂ごえいどうへと受け継がれていくのです。この廟堂に関東(坂東ばんどう)の門弟たちが参拝し、親鸞聖人をしのび念仏する姿が、後に坂東曲ばんどうぶしとなったと伝えられています。

入滅

東本願寺について